家を借りるなら自分の気に入った設備を見つけよう

おしゃれな賃貸

ソーシャルアパートメントについて

今から50年も前には、東京都内で一人暮らしの木造アパートがたくさん建ち並んでいました。部屋は3畳から4畳程度で台所やトイレは共同という賃貸アパートです。このような賃貸アパートは徐々に減少してきて、今では数えるほどしかなくなりました。これは人々の感覚が贅沢になったため、そういった住宅に生むことに抵抗を感じているためです。賃貸アパートを建てるオーナーも「じゃあ昔のような木造アパートを建てるか」という流れにはなりません。 ただ、最近は木造アパートに似た賃貸マンションがあります。それはソーシャルアパートメントという建物です。ソーシャルアパートメントの特徴は、部屋はワンルームですが、トイレやキッチン、シャワー室などは共同です。

よりおしゃれに進化したワンルーム

このソーシャルアパートメントはオーナーが中古ワンルームマンションを購入して、空室対策にリノベーションしたものです。オーナーにとってはソーシャルアパートメントを建てるのは意外と都合がよく、水回りを一か所に集約したことで改造代もそれほどかからない点です。 ただ、ワンルームマンションをリノベーションすればよいというわけではなく、場所が東京23区内の駅前などのように交通の便が良い場所である必要があります。 何故ならソーシャルアパートメントの狙いは20代から30代前半の独身男女を対象としています。 昔の木造住宅と違うところは、造りがおしゃれというところです。共有スペースには大型インチの薄型テレビが壁の上のほうにかけられていたりするのです。